競馬(keiba)

競馬(keiba)概要

競馬(keiba)TOP画像

サイト名:競馬(keiba)
URL:http://keibayosoujp.com
メールアドレス:info@keibayosoujp.com
競馬(keiba)事務局

競馬(keiba)公式サイト

競馬(keiba)内容

競馬(keiba)無料コラム&無料予想

寒暖差がでてきて、秋の到来を感じさせる季節になってきました。
競馬もクラシックトライアルが佳境に入り、有力馬も続々と始動してきます。

今週は神戸新聞杯が阪神競馬で組み込まれており、春の実績馬と夏を使われてきた馬たちとの激戦が予想されます。
阪神芝2400m戦はゆったりとした流れになることが多く、スタミナも当然ながら、直線での瞬発力も必要になっていきます。

注目馬はやはりダービー馬のレイデオロ。
菊花賞はパスしてジャパンカップに挑戦するというプランですから、同世代との勝負ともいえるここは負けられないところでしょう。
他にダービー出走馬からは、皐月賞4着でダービー6着のダンビュライト、弥生賞馬で瞬発力があるカデナ、毎日杯2着でダービー10着の高額馬サトノアーサーといったあたりが人気を集めそうです。

また、ダービー組以外からは毎日杯3着で自己条件を古馬相手に連勝中のキセキ、青葉賞3着のアドマイヤウィナーらが人気となるでしょう。

基本的に先行馬有利のコースですが、神戸新聞杯は毎年中団からのプレッシャーが強く、差し馬が豪快にゴール前で差し切るレースが目立っています。

私的にはレイデオロのスタートが速くないことから、3コーナーからの追い上げでペースが一気に速くなり、瞬発力勝負になりそうなイメージがあります。
そうなると、レイデオロとの決着が付いていないダービー不出走馬に魅力を感じてしまいます。

予想を展開していきましょう。

◎レイデオロ
○キセキ
▲サトノアーサー
△ダンビュライト
△ベストアプローチ

本命の◎はレイデオロです。
ダービーは後方スタートからでしたが、ペースが遅いと判断するや、向正面から一気に加速していき、2番手につけてそのまま押し切り勝ち。
ルメール騎手の好判断もありましたが、それに応えるレイデオロも見事でした。
秋はジャパンカップが目標とあって、ここでは負けられないどころか、勝ち方も求められます。

今週の追い切りでは、ルメール騎手が騎乗してウッドコースを強めに追い、5Fを67.1-50.6-37.7-12.6と順調な仕上がり具合を見せています。
隙があるとすれば、次走を見越しての仕上げであるといえ、皐月賞のように取りこぼしがあるかもしれません。

対抗の○はキセキです。
春はクラシックに見出走でした。
しかし、2走前の中京500万下を上り最速の33秒2を繰り出しで古馬を一蹴すると、前走の信濃川特別でも上り32秒9という驚異的な末脚で古馬をなで斬りにしました。
左回りを2走続けて好走し、右回りになる今回が試金石といえます。

今週の追い切りでは、デムーロ騎手が騎乗してCWコースをゴール前一杯に追い、5Fを67.2-51.9-38.6-11.9と豪脚を披露しています。
レイデオロとの勝負付はすんでおらず、ここも期待が大きい馬といえます。

▲は豪脚のサトノアーサーにしました。
重賞2戦続けて2着という今一歩届かないレースを繰り出していたのが春でした。
ダービーは賞金で出走できたものの、超スローペースに泣いて末脚が不発して10着でした。
1歳セレクトセールで2億円を超えた同馬。
この夏の成長分で春の有力馬との差は逆転していてもおかしくはありません。

今週の追い切りでは、CWコースを馬也で6F追い、川田騎手が騎乗して82.9-66.6-51.6-38.2-11.8と好時計をマークし、シルバーポジー一杯を1秒3追走して0.4秒先着しています。
ゴール前でキセキと並んで追い込んできそうです。

△はダービー6着のダンビュライト。
重賞で賞金を確保するという点では馬主孝行の同馬。
皐月賞は12番人気で3着、ダービーは7番人気で6着と、人気以上に激走しています。
大きく負けたのは2歳G1の朝日杯FSのみで、堅実さでは一番といえます。

今週の追い切りでは、坂路を一杯に追い、50.9-38.0-25.5-12.8と併せたアクションスターを0.8秒突き離しています。
先週は武豊騎手が騎乗して坂路を強めに追って、50.4-37.4-25.2-12.8でヴァルデノートを1秒6先着する絶好の動きを披露しています。
順調そのものですね。

もう一頭の△は穴馬のベストアプローチ。
青葉賞2着からダービーは9着に敗れていますが、3着馬とは着差がわずかコンマ4秒差でした。
折り合いがついてレイデオロをマークするような形をとって、差してくるのが予想されます。

今週の追い切りでは、岩田騎手が騎乗してCWコースを強めに追い、6Fを84.5-68.8-53.9-39.7-11.9と、併せたアレススピアーを1秒8追走して0.8秒先着する鋭い動きを見せています。
この中間も坂路やCWで攻めており、仕上がりは万全といえるでしょう。

買い目はレイデオロ中心でいきます。
◎の馬連、3連複流しで10点。
3連単◎1着固定で12点。
◎から○、▲へワイド流し2点の計24点買いで勝負します。

競馬(keiba)格付け・評価・公式サイト

・無料コンテンツが熱いので評価しました。

格付け:★★★★★(優良)
登録:フリーメールOK
勧誘の有無:無