ブラックタイド|スプリングS|歴代の勝ち馬の思い出

過去に作成したものを再編集しています。
ブラックタイドは2004年スプリングSを勝利しています。

スプリングS勝ち馬(ブラックタイドまで)

2022年 ビーアストニッシド
2021年 ヴィクティファルス
2020年 ガロアクリーク
2019年 エメラルファイト
2018年 ステルヴィオ(G1馬)
2017年 ウインブライト(香港)
2016年 マウントロブソン
2015年 キタサンブラック(G1馬)
2014年 ロサギガンティア
2013年 ロゴタイプ(G1馬)
2012年 グランテッツァ
2011年 オルフェーヴル(G1馬)(阪神開催)
2010年 アリゼオ
2009年 アンライバルド(G1馬)
2008年 スマイルジャック
2007年 フライングアップル
2006年 メイショウサムソン(G1馬)
2005年 ダンスインザモア
2004年 ブラックタイド

ブラックタイド血統&兄弟姉妹

父:サンデーサイレンス、母:ウインドインハーヘア
母父:Alzao

ブラックタイド兄弟姉妹

ディープインパクト(12勝)父:サンデーサイレンス
2005年
弥生賞・皐月賞・ダービー・神戸新聞杯・菊花賞
2006年
阪神大賞典・天皇賞春・宝塚記念・JC・有馬記念

レディブロンド(5勝)父:シーキングザパール
トーセンソレイユ(3勝)父:ネオユニヴァース
モンドシャルナ(3勝)父:ネオユニヴァース
ニュービギニング(3勝)父:アグネスタキオン

ブラックタイド重賞勝利

2004年 スプリングS(2番人気)横山典弘騎手

ブラックタイド思い出

ディープインパクトと兄としても有名
ディープインパクトと父・母同じなのは

ディープインパクトから見ると
ブラックタイド(兄)
オンファイア(弟)3戦で引退。

この2頭ですね。

ブラックタイドはスプリングSの勝ち方から
どれだけ勝つのかって思ったけど
弟(ディープインパクト)の方が圧倒的に凄かった。
ディープインパクト(12勝)
ブラックタイド(3勝)

ただ、種牡馬になってからは、ディープインパクトも凄いけど、
ブラックタイドも健闘していますね

重賞勝ちのブラックタイド産駒

キタサンブラック(12勝)ディープインパクトと同じ勝ち星数
マイネルフロスト(4勝)毎日杯
テイエムイナズマ(5勝)デイリー杯
タガノエスプレッソ(8勝)デイリー杯・京都ジャンプ・阪神ジャンプ(ともに障害)
ライジングリーズン(3勝)フェアリーS

2004年スプリングS

1着 ブラックタイド 横山典弘
2着 キョウワスプレンダ 佐藤哲三
3着 ダイワメジャー 菊沢隆徳

記事更新時の無料予想的中サイト

無料予想が期待できそうなサイト


KEIBA✕FAMILY
(もちろん無料予想)
中山牝馬S・金鯱賞ワイド的中

土日に無料予想公開予定
無料会員になると誰でも閲覧可能です。
馬券の参考にはなりそう。