ヤマニンシュクル|中山牝馬S|歴代の勝ち馬の思い出

過去に作成したものを再編集しています。
ヤマニンシュクルは2006年の中山牝馬Sを勝利しています。

中山牝馬Sの歴代の勝ち馬(ヤマニンシュクルまで)

2022年 クリノプレミアム
2021年 ランブリングアレー
2020年 フェアリーポルカ
2019年 フロンテアクイーン
2018年 カワキタエンカ
2017年 トーセンビクトリー
2016年 シュンドルボン
2015年 バウンスシャッセ
2014年 フーラブライド
2013年 マイネイサベル
2012年 レディアルバローザ
2011年 レディアルバローザ
2010年 ニシノブルームーン
2009年 キストゥヘブン
2008年 ヤマニンメルベイユ
2007年 マイネサマンサ
2006年 ヤマニンシュクル

ヤマニンシュクル血統&兄弟姉妹

ヤマニンシュクル
父:トウカイテイオー、母:ヤマニンジュエリー
母父:ニジンスキー

ヤマニンシュクル重賞勝ち

2006年 中山牝馬S(1番人気)四位洋文騎手
2003年 阪神ジュベナイルフィリーズ(6番人気)四位洋文騎手

ヤマニンシュクルの思い出

ヤマニンシュクルはトウカイテイオー産駒。

トウカイテイオーはあんまり生で見たことなかったけど
2009年のアルゼンチン共和国杯当日に見た時
感動しました。

2003年阪神JFではまさかの

ヤマニン=ヤマニン

ヤマニンシュクル(6番人気)とヤマニンアルシオン(10番人気)
ともに浅見厩舎で大万馬券。(馬連197倍)

1番人気スイープトウショウ 5着
2番人気フィーユドゥレーヴ 12着

当時地方所属「岩田騎手」のファンだった

ヤマニンアルシオンを応援してしまったけど
実は、ヤマニンシュクルの単を買っていました。

その後、ヤマニンシュクルが勝利するのは

2006年の中山牝馬S。

ヤマニンシュクルが勝った重賞(2勝)

ともに
1着四位洋文騎手・2着岩田康誠騎手

記事更新時の無料予想的中サイト

無料予想が期待できそうなサイト


NEOS
(もちろん無料予想)
日曜日2戦2勝で合計回収率224%超

土日に無料予想公開予定
無料会員になると誰でも閲覧可能です。
馬券の参考にはなりそう。