見習い見習い

栗東会議ってどんなサイト?


お兄さんお兄さん

よくある競馬情報会社だけど。「栗東会議」は通常会議が当たるのでチェック必至!!

注)競馬情報会社「栗東会議」最新情報は更新日となっています。

栗東会議 栗東会議|概要
サイト名:栗東会議
URL:http://j-research.net
メールアドレス: info@j-reserch.net

栗東会議-無料会員になるには

栗東会議の無料会員になると無料コンテンツと無料予想をみることができます。
無料会員は下の公式サイトから簡単に
誰でも・フリーメール・もちろん無料でなることができます。
    ↓↓

栗東会議コンテンツ

一般の競馬ファンは立ち入る事ができないトレーニングセンター。
「秘匿性の高い情報」といった極端なものに限らずとも、出入り可能な関係者ならば誰でも入手できる「普通の情報」があります。このような普通の情報でも、一般的に世に出回っている新聞紙面から得る事ができる情報・内容とは馬券検討への影響からもその差は歴然。

重賞あらかると

2017年2月18日(土)
京都牝馬ステークス(GIII)
スナッチマインド 前走:六甲アイランドS1着
昨年の京都牝馬Sでは準オープンからの格上挑戦の身ながら4着に善戦。とにかく堅実駆けタイプで京都コースも10戦して7連対と好相性。一瞬の切れ脚タイプで抜け出すとソラを使うだけに仕掛けどころの難しい馬だが、浜中騎手騎乗時は全て馬券対象になっている事からも最も手が合うコンビと言える。
ようやく準オープンを勝っての参戦となる今回だが、1000万を勝って臨んだ昨年より「一段上」の勢いならばここでも通用できると見る手。社台の牝馬ルールにより6歳春で繁殖へ上がるその前に優秀の美を飾れるか注目しておきたい。

2017年2月19日(日)
小倉大賞典(GIII)
ストロングタイタン 前走:中山金杯9着
戦前より重賞級と称され続けていた期待馬だけに前走は案外の結果も、仕掛けどころでの不利もあり初の重賞挑戦は不運に見舞われた形。
引き続きハンデ戦の今回も斤量は据え置きだが、そこそこ揃った実績馬達が軒並み斤量を背負わされておりトップハンデとの斤量差も開く分やや恵まれた印象。先週の坂路でも抜群の動きを披露しているように陣営も巻き返しへの意欲十分。平坦コースを得意としているだけに3戦全勝と抜群の相性を誇る小倉コースならアッサリ初重賞制覇まであっても驚けない。前走で人気を裏切った分、今回人気が落ちるようなら加えておきたい一頭だ。

美浦調教注目馬

2月8日(水) 美浦/南W 69.6-54.2-38.9-12.6
紫苑Sとのダブル登録で自己条件を使い目論見通りの完勝。その後ひと息入れるもこの厩舎だけに中間の調整も申し分なく仕上がり万全、引き続き牝馬限定戦に使ってきた以上は結果が問われる一戦。昇級のここでも。

※2月11日(土) 東京9R テレビ山梨杯 出走

R・ムーア [騎手]

もはや説明不要の世界的名手ライアン・ムーアが今週から再び来日。
堀調教師とは海外修行時に研修を受けた厩舎にムーアが所属していた経緯から、いわば「同じ釜の飯」の仲でもあり、競馬観についても共有するところがあるとの話。ご周知の通り、堀調教師も彼の来日期間中は勝負馬を揃える事が多い。事情あって昨年あたりから午前中の騎乗を削るなど1日あたりの乗り鞍を一定数に絞って騎乗しているだけに、関東圏においては堀厩舎の所属馬の騎乗が増えると他の厩舎から依頼の余地が無くなってしまい、厩舎的にも騎手としても過剰人気になってしまうのが馬券的にはネックでもある。(基本的には堀厩舎所属馬や社台関連馬を優先しているため残念ながら妙味には乏しい)

ただ、来日初週となる今週はマカヒキに騎乗するための京都遠征もあってか堀厩舎の乗り鞍が少なめとなっている。裏を返せば、それでも乗せてくる堀厩舎×ムーアの馬には注意が必要だ。

▼ムーア騎手・今週の注目馬▼
(土)東京12R ゴールデンバローズ
(日)京都6R ソレイユドパリ

↑↑
無料コンテンツが豊富ですね。
これだけ読むだけで、無料会員の価値がりそう

競馬予想サイト栗東会議の特定商取引法上の記載

販売業者 株式会社ループス
所在地 記載あり
連絡先 記載あり

こちらは合格です。

栗東会議格付け・評価

格付け:★★★★★
評価:★★★★★
登録:フリーメールOK(ヤフー・グーグル可能)
勧誘の有無:無(ポイント情報だけ見る)

管理人評価

注目サイトですね。無料コンテンツを見るだけで楽しい。