3KEIBA メインハンター概要

調査中バナー

サイト名:3KEIBA メインハンター
URL:http://3keiba.com/
メールアドレス:-
株式会社:-

3KEIBA メインハンター検証

世の中には様々な競馬予想方法がありますが、大きく分けて5つに分類されると思います。
それは、「データ」「競馬関係者情報」「指数やレイティング」「血統」
「サインや占い、出目など」です。

この中で、私たちが重視しているのは「データ」「競馬関係者情報」「指数やレイティング」の3つで、
どれかひとつに偏るのではなく、3つ全てを融合させることが重要だと考えているのです。

なぜなら、どの予想方法も長所と短所が必ずあるからです。

例えば「データ」の場合、レースの過去実績を分析して、様々な傾向を掴み、その条件に当て嵌まる予想を組み立てるわけですが、それで馬券が的中するのであれば誰も苦労はしませんよね?

あくまでも過去実績から導き出した「傾向」であり、絶対ではありません。
しかし、「傾向」を知ることで大まかな予想の方向性を探ることができ、大変有効です。

次に「競馬関係者情報」ですが、競馬新聞などには掲載されないような特殊な裏情報は
大変貴重になります。

例えば「前走は今回のレースで星勘定できるように、あくまでも叩き台。鞍上には掲示板外に凡走するように指示してアノ結果だから、今回は人気も下がってマークされない気楽な立場。調教も軽めで“まだ本調子ではない”とコメントしておいたから、競馬新聞にも控えめな情報しか載らない。でも今回が本番だから期待してもらっていいよ」という裏情報を入手していたとします。

このような馬は一定の確率で馬券に絡むのですが、思わぬ盲点もあるのです。それは、出走各馬の能力差がどれくらいかを把握していなければ、裏情報の対象馬が他馬より先着できるか不明だという点です。

もし、他馬と裏情報の対象馬の能力差がわずかであれば、高確率で裏情報の対象馬が馬券に絡むでしょう。
しかし、他馬と裏情報の対象馬の能力差が大きければ、裏情報の対象馬がいくら調子よくても着差は縮まる程度で他馬に勝つことはできません。

ここに落とし穴があるわけですが、誰も知らない競馬関係者情報が有益であることは間違いないのです。

最後に「指数やレイティング」ですが、単純に言えば馬の能力を数値化したものだと言えます。つまり、指数やレイティングの数値が大きいほど勝つ確率が高いという理屈になりますが、数値順に馬券を買って的中するなら誰も苦労しませんよね?

しかし、出走各馬の能力を比較できるという点では非常に優れていると言えます。

つまり、この「データ」「競馬関係者情報」「指数・レイティング」の長所と短所は
3つを組み合わせることで補い合うことができ、単体では実現できない大きな威力を発揮することに成功
したからこそ、圧倒的な的中実績を誇ることができているのです。

尚、「データ」「競馬関係者情報」「指数・レイティング」は他社サービスを利用しているのではなく、
独自開発したデータ、指数と、独自ルートから入手する競馬関係者情報を用いています。

このような他にはない圧倒的な特徴を持つ競馬予想サービスを、もっと詳しく知りたいとは思いませんか?

まず、私たちの競馬予想サービス名をお伝えしたいと思います。
「3KEIBA メインハンター」です。サービス内容は以下を読み進めてみてください。

他の検証サイトでも書いてあったけど、サイト作成が2017年12月なので11月の的中実績が・・・・・

他の口コミサイトの口コミ内容

・ボム指数って・・・・
↑↑
まあスルーが一番かな。

3KEIBA メインハンター格付け

格付け:★★☆☆☆(普通)
登録:フリーメールOK
勧誘の有無:無
今のところスルーが一番。